【第五人格】スタイルの解説と一覧

スタイルについて

2019年11月7日のアップデートにて、サバイバーにスタイルシステムが追加されました。サバイバーのプロフィール画面、キャラ選択画面、マッチング戦、ランク戦、カスタマイズモードの準備画面で各サバイバーのスタイルを確認できます。

全部で4つのスタイルがありますが、スタイルがゲームプレイに影響を及ぼすことはなく、サバイバー各々の得意・不得意がスタイルによって明確になっただけです。

中には「ん?」と思うようなスタイルのサバイバーもいます。スタイルは鵜呑みにせず、目安程度に捉えておきましょう。

各スタイルの詳細

救援型

このタイプのサバイバーは、ロケットチェアに束縛された仲間を救い出すことが得意です。そして、ハンターと真正面に向かい合って仲間を脱出に導くことができます。

デメリットは暗号機の解読速度が遅く、仲間に補ってもらう必要があることです。

解読型

このタイプのサバイバーは、暗号機の解読が得意です。チームがすべての暗号機を解読するのに必要な時間を短縮できます。

デメリットは、自衛能力が低くハンターに遭遇した場合は仲間の助けが必要になることです。

補助型

このタイプのサバイバーは仲間に対しての援護が得意です。チームの状況を有利に導くことができます。

牽制型

このタイプのサバイバーはハンターの追撃から逃れる、または追撃されることによって時間を稼ぐ能力が高く、チームの状況を有利に導くことができます。

一覧

  • 救援型のサバイバー
    • 傭兵
    • 空軍
    • オフェンス
    • 野人
    • 一等航海士
  • 解読型のサバイバー
    • 弁護士
    • 冒険家
    • 機械技師
    • 心眼
  • 補助型のサバイバー
    • 医師
    • 祭司
    • カウボーイ
    • 踊り子
    • 占い師
    • 納棺師
    • バーメイド
    • 幸運児
  • 牽制型のサバイバー
    • 泥棒
    • 庭師
    • マジシャン
    • 傭兵
    • 祭司
    • オフェンス
    • 調香師
    • 踊り子
    • 探鉱者
    • 呪術師
    • 野人
    • 曲芸師
    • 一等航海士
    • バーメイド