▶︎ YouTube絶賛稼働中!

Nintendo Switchでライブ配信する方法

YouTubeでライブ配信をしてみよう!

こんにちは! Kojimario(@kojimario_tweet)です!

YouTubeの配信機能の一つである「ライブ配信」は、視聴者とリアルタイムで交流をしながら動画が配信できるサービスです。とくに、ライブ配信は速攻性に優れておりますので、「新作ゲームをいち早く配信したい!」という人に向いている機能です。実際のところ、管理人もライブ配信のほうがモチベーションを維持できて編集の手間もかからないので、新作・過去作を問わず、実況をするときはライブ配信を使っています。

YouTubeでライブ配信をする方法はいくつかありますが、ここではNintendo Switchのゲームを「OBS Studio」を使わずに、キャプチャーボードの「Elgato Game Capture HD60 S」だけで簡単にライブ配信する方法をご紹介します。

OBS Studioとは?

OBS Studioのアイコン画像

ライブ配信で圧倒的シェアを誇る無料の配信ソフト。YouTubeだけでなくニコ生やツイキャスなど、あらゆるサイトでライブ配信が可能になります。

有名な配信ソフトなので多くのサイトで使い方が解説されています。ググれば大抵の悩みは解決できるでしょう。しかし、一度使えばわかると思いますが、慣れていない初心者が扱うには設定が少々複雑なのです。

スポンサーリンク

Elgato Game Capture HD60 Sについて

「Elgato Game Capture HD60 S」はキャプチャーボードです。キャプチャーボードとは、ゲーム機の映像をパソコンに出力するための機器です。

1台2役のキャプチャーボード

「Elgato Game Capture HD60 S」はパソコンにゲーム画面を出力するだけでなく、「ストリーム」という機能を使って簡単にライブ配信を行うことができるキャプチャーボードです。しかも、ライブ配信までの手順はたったの1クリック!

映像も美麗で感動するほど簡単なのでぜひ試してみてください。実際に「Elgato Game Capture HD60 S」を使ってライブ配信した動画を載せておきます。

ライブ配信の手順

「Elgato Game Capture HD60 S」の使えば「OBS Studio」を使わなくてもYouTubeでライブ配信ができることは分かりました。それでは、実際にどうやってライブ配信をするのか解説していきます。

※「Elgato Game Capture HD60 S」の基本的な使い方はここでは解説しません。ご了承ください。

「+ボタン」を押してYouTubeと連携する

画像の場所にある+ボタンを押すと連携可能なサービスが表示されます。その中から「YouTube」を選びましょう。すると「Elgato Game Capture HD60 S」の公式サイトが立ち上がります。YouTubeで使用しているアカウント情報を入力すれば連携完了です。

配信に必要な設定をする

連携が終わったあとは配信時のタイトルを決めましょう。工具マークの左にあるボックスが配信時のタイトルです。工具マークを押すと公開状態や画質などを設定できます。ここでは以下の設定がおすすめです。

  • サーバー:自動で決まるの触らない
  • プライバシー:「非公開」
  • カテゴリ:「ゲーム」
  • 最大解像度:「720p」
  • 最大フレームレート:「60fps」

プライバシーを非公開にしておかないとストリームを開始したと同時に全世界に公開されてしまいます。ストリーム開始後はYouTubeの管理画面でやるべきことがあるので非公開にしておきましょう。最大解像度と最大フレームレートは自身のPCスペックに合わせて選びましょう。とくにフレームレートの60fpsはかなりの負荷がかかるので通常は30fpsでも問題ありません。スペック以上の設定にすると処理落ちや途中で接続が切れるといったことが起こるので注意です。

ストリームボタンを押して配信開始

ストリームボタンを押すと配信が開始されます。非公開にしていればユーザーは動画を視聴することはできませんが、この時点からゲーム画面や音声が配信されているので注意しましょう。

コントロールパネルを押してYouTubeの管理画面を立ち上げる

アカウントのとこにある縦長のアイコンを押すとYouTubeの管理画面が立ち上がります。ここではタイトルの見直しやサムネイルの設定などを行います。

YouTubeの設定をする

黄色で囲っているところが設定するところです。タイトルはすでに決めているので変更することはないかと思いますが、もし変更したくなった場合はいつでも変更できます。

「非公開」でストリームを開始したので「公開」にしましょう。公開にしないとユーザーが観にこられません。

その次は動画の説明を入力します。動画の簡単な説明などを入力して視聴者に意図が伝わるようにするといいですね。たとえば、僕はコメントをあまり見ないので「コメントを確認することができません」というように入力しています。

ゲームには配信中のゲームを選びます。YouTubeのデータベースに登録されていないゲームは該当することがないため、その場合は空白でも問題ありません。入力しておくと視聴が検索しやすいというだけです。

サムネイルを決めます。配信後に慌てることがないように配信前に準備しておくのがベストです。用意していない場合は自動でサムネイルが決められますが、やはり自前で用意しておくのいいです。

最後に子供向けか否かを選びます。基本的に教育番組でもない限りは「いいえ」を選んでおきましょう。

「Elgato Game Capture HD60 S」を使ってのライブ配信方法は以上です。一応ですが、配信される画面はゲーム画面だけが配信されます。キャプチャーの設定画面などは映らないので安心してください。

スポンサーリンク

ライブ配信時の注意点

  • 「Elgato Game Capture HD60 S」の設定でプライバシーを「公開」に設定してストリームを開始すると、ストリームが読み込みのまま始まらないことがある
  • ライブ配信ではアップロード動画のデフォルト設定が反映されない。タグなどは配信終了後に改めて設定する必要がある
  • 配信終了後、YouTubeのエディタ機能を使って動画を編集するとチャット機能が表示できなくなる。コメントがあってもエディタのカットを使うとせっかくのチャットが表示されなくなるので注意
  • ストリームを開始してからコントロールパネルを開くと稀に「イベントが存在しません」と出ることがある。1分ほど時間をおけば反映される
  • SwitchとHD60sは起動する順番が大事。はじめにSwitchから起動しないと音割れや録画できないといった症状が出ることがある

このページで紹介した商品

コメントを残す

※コメントに管理人が返信することはありません。情報共有の場として気軽にお使いください。