生き神|エンディングまとめ

第9章 意志

選択肢エンディング名
過去は捨て去るべきだうたかたの夢

…何かを選べば、同時に何かを捨てなくてはならない。その後ろめたさや罪悪感が、後悔を生む。

だが、過去は捨て去るべきだ。…目を向けるべきは、選んだものだからだ。

後悔なく生きることは難しい。それでも… 生きていればいつかは忘れ、前を向くことができる。

忘れる……

…それも、人の強さだ。

ヨリを見つめる旅人

少女はふと視線をずらした。考えを巡らせどこか遠くをみているかのようだったが、じっと近くを見ているようにもみえる。

……

…この地に残り、使命を果たします。

…わたしは、外のことを何も知りません。ここから出たことがないから、想像することだってできない。

ここにあるものを捨て、忘れて生きていくことは… きっとわたしにはできない。

だが……

…きっと、これでいいんです。

……

床に置かれたタチバナの実

…儀式の日はもうじきです。今日のことで更に早まるかも知れません。

…あの、ひとつお願いがあるのですが。

なんだ?

少しだけでいいんです… お話をしてもらえませんか。

……

……外のことか。

はい。

……わかった。引き受けよう。

ありがとうございます。

タチバナの実を持つ手

…ねえ、サイロウ。

初めから何も知らなければ、選んだことにも捨てたことにも気づかなかったのかな?

…ここから外が、見えなければ良かった。何もかも… 忘れてしまえたらよかった。


選択肢エンディング名
無理にでも連れ出そう支配する手

来るんだ。

…ま、まって……!

ヨリの右手を引っ張る旅人

君は使命などというものを押し付けられ、逃げられないよう支配をされた只の生贄だ。

…!

この地は何もかもが、地主神によって支配されているようだ。…君も。

支配された人間は、自分で考えることさえできない。

い、痛っ……

神の真似事などやめてしまえ。…人に神など必要ない。

旅人の腕を掴むサイロウ

手をはなせ。

!?

子供…! いつの間に… どこかに隠れていたのか…?

人に神は必要ない? …とんだ戯言だな。

面をつけていて、顔は分からない。腕を掴む力が恐ろしいほど強く、指が皮膚を裂き沈み込んでいるのではと錯覚する。

その人間が、神に仕立て上げるためだけにこの子どもの命を奪おうとしている。

…彼女はここから出す! 地主神の支配から逃れるべきだ…!

強い柑橘の香りが辺りを漂っている。

…とんだ見当違いだ。おまえは何もわかっていない。

…!?

強く腕を引かれ、膝をついた。

何かを支配しようなどと愚かなことを考えるのは、人間ばかりだ。

自分の手を見つめる旅人

……な…

床についたはずの手が、砂利を掴んでいる。

…山の外だ。日は暮れ、周囲に人影もない。夢だったのかと疑ったが、腕には確かに痛みが残っていた。

あの少女の手が、こちらに伸ばされることはなかった。…ただ俺の手が、その手に痛みを残しただけだった。

1 2 3 4 5

コメントを残す

※コメントに管理人が返信することはありません。情報共有の場として気軽にお使いください。

2 COMMENTS

コメントを残す

※コメントに管理人が返信することはありません。情報共有の場として気軽にお使いください。