【第五人格】傭兵のステータス・評価

基本情報

傭兵の画像
性別名前入手方法
ナワーブ・サベダーエコー×588、手掛かり×3048

外在特質(スキル)

スキル名効果
ダッシュ鉄の肘あてを携帯し、壁を走り抜ける時に壁を押し、一定方向にダッシュすることができる。専門技術により、傭兵が鉄の肘あてを使用した時の消耗が減り、使用可能回数がより多くなる。
長期訓練長期訓練を経て、身のこなしが敏捷になった。板・窓の操作速度が10%上昇する。
頑強戦場経験によって傭兵の意志が磨かれ、ロケットチェア発射までの速度が30%低下し、同時に毎回の恐怖値の増加が15秒遅れて有効になり、恐怖値が上限を超えてはじめてダウンする(負傷状態では、1回の普通攻撃でダウンせず、15秒後にダウンする。負傷状態で2回の普通攻撃を受けるとそのままダウンする)。
戦後後遺症戦争は傭兵に影を残した。暗号機の騒音によってパニックに陥り、解読速度が25%低下する。過去の戦争は傭兵に癒えない傷をも残し、新しく負傷するごとに古傷が痛み、治療に必要な時間が20%増加する(最大で100%増加する)。

衣装

衣装名説明
明瞭彼は新たな道を願った。たとえそのために古きを捨てることになろうとも。
蒸気少年邪眼を使えば、再び高塔のコアに火を灯し、凍った都を救う事ができるが、更なる道の深淵へと陥れることになるかもしれない―― 真実に直面した少年は、どのような選択をするのだろうか。
ファラオの呪縛蘇った感覚は、実に素晴らしい。愚かな凡人どもめ、偉大なる神の御前に跪くがいい。
寄生この目玉の形をした宝石により、体がキラキラと光っているように見える…… あぁ、本当に光っているのだ!
白鷲の舞このパレードで、白鷹の自由自在な身のこなしは多くの人を引きつけた。
スプリング流浪の少年は、自作の装備を携え、上記の都で孤軍奮闘し、奇人偉人からなる冒険団への加入を夢見ていた。
暗殺者まったく、慎重に秘密の任務を行いたかったら、この格好は決して良い選択ではないな。
隠密の緑活気あふれる緑色にも静寂な一面がある。
炎の赤疾きこと風の如く、徐からなること林の如く、侵掠すること火の如し。
憂鬱の青もともと憂鬱な性格ではない。
感染この赤い目は人々をゾッとさせる。長い間見つめ続けてはならない。
ホオジロザメ体中に残るこの傷跡は、どれもあの恐ろしい船長との格闘中に残ったものだ。彼らは互いに相手を生涯の宿敵だとみなしている。
ヨシキリザメ老兵は「死んで」いない。ただ衰えただけだ。そして彼は衰える前に、一生をかけて守るに値するその夫人を見つけた。
ボロい服服がボロボロだ。本当にただゲームをしただけ?
初期衣装初期衣装。すべてが自然に見える。

背景推理目標

推理No.基礎目標
1仲間1人/2人/3人と出会う
2箱を1回/2回/3回開ける
3ハンターを1回/2回/3回気絶させる
4ハンターに60秒/90秒/120秒追撃される
5協力による暗号機解読の進捗50%/70%/100%
6仲間の治療に1回/2回/3回成功
7暗号機解読の判定を1回/3回/5回成功
8地下室からの脱出に成功する
9チェアから1人/2人/3人を救助
10ダッシュを3回/4回/5回使用
11ハンターの追撃から2回/5回/7回逃走

評価

※あくまで個人の感想です。

評価ワンポイント
A1人でプレイするだけなら十分すぎる性能だが、解読速度が遅いことや治療に必要な時間が増加するスキルが痛い。ハンターがほかの仲間を狙わないように自分に引きつけておくテクニックも必要。