【第五人格】調香師のステータス・評価

基本情報

調香師の画像
性別名前入手方法
ウィラ・ナイエルエコー×688、手掛かり×3568

外在特質(スキル)

スキル名効果
忘却の香調香師は「忘却の香水」を噴射することで、その時の自身の状態と位置を記録することができる。スキルが持続している一定時間内、調香師はその間発生したことを忘れ、記録した時の状態と位置に戻ることを選択できる。調香師は香水の製作者であり、使用回数が追加される。
記憶喪失調香師は忘却の香水を頻繁に使い、記憶喪失の症状に苦しんでいる。暗号調整に失敗するとロジックが分からなくなり、進度の低下が一般サバイバーの3倍になる。
敏感調香師は匂いに敏感で、医薬用の器材が生み出す異臭を好まない。治療必要時間が30%増加。

衣装

衣装名説明
セイヨウキヅタセイヨウキヅタは元々新婦の髪飾りであったが、結婚式後に行方がわからなくなってしまった。
今宵こそワインを飲んでほろ酔いが覚める前に、離れてください。忘れることにした真相から離れてください。
魔薬剤師神秘的でなまめかしい魔の薬剤師は魔法学園の魔薬授業の教授だが、陰では誰に忠誠を誓うか全くわからない。
薬剤師魔薬学の研究に専念しているが、魔法に利用するのは少なく、原料を組み合わせるのが得意な薬剤マスターです。
時の砂高塔が凍りつき、エネルギーが枯渇した。彼女の先見では、街が極寒に呑み込まれるのは見えたが、あの少年の最後の選択までは知ることができなかった―― 時間を一時遡ることはできても、運命までをコントロールすることはできないのだ。
幽香の粉幽香が薄れた後に残るのは何色だろうか?
致命的な優しさ未亡人の体から終始漂う脂粉の香。次の目標は誰?
竜舌蘭もし一生で一度しか花が咲かないなら、その一度だけの絢爛さを楽しむだろうか?
紅葉の赤枯れる前にのみ見ることができる色があるが、見てみる価値があるのだろうか?
キリンの優雅キリンの傲慢さは、優雅にすべてを見下すところにある。人もまたそうなのだが。
まだらの憂日ごとにまだらになっていく記憶は、微かな憂鬱をもたらす。過ぎ去ったことを思い出すことはできない……
月神の侍女月神様に仕える最も忠実な侍女として、彼女は自分の揺らがない信仰に誇りを持っている。
珊瑚夫人海底に沈む火山の傍の檻から目を覚ました彼女は、体が珊瑚や暗礁と融合していた。熱水は身を焦がし、心は淵へと堕ちる。
籠の中の蝶彼女は「胡蝶夫人」に出てくる天真爛漫な東方の女性に憧れていた。自分もいつか同じような愛情に出会えると思っていたが、運命がこんなにも残酷だとは予想しなかった――波は彼女の水夫を飲み込み、全てを奪い取った。
貴族のマナー華美な礼服を身に纏って宴に参加することは、ひとつのマナーでしかない。彼女はより純粋な香りを追い求め、自分自身をこれらの凡俗な取り巻きから超越させたい。
青の風鈴朝露に濡れた青の風鈴、その清らかさは美しい季節のほころびのようだ。
ボロい服服がボロボロだ。本当にただゲームをしただけ?
初期衣装初期衣装。すべてが自然に見える。

背景推理目標

推理No.基礎目標
1仲間1人/2人/3人と出会う
2ハンターの追撃から1回/2回逃走
3忘却の香を1回/2回/3回使用
4暗号機解読の完璧判定2回/3回/4回
5仲間の治療に1回/2回成功
6対戦で一度も調整失敗しない
7ハンターを1回/2回/3回気絶させる
8自分で脱出ゲートを1回開ける
9傷つく前の段階に戻るために忘却の香を1回/2回使用
10忘却の香の持続時間中、仲間の救出に1回成功

評価

※あくまで個人の感想です。

評価ワンポイント
A香水を使用した肉壁救助が強い。それ以外でも多様な使い方ができ、万能な立ち回りができる。ただし、一度でもダメージを受けると香水の使い勝手が極端に落ちる。