【第五人格】狂眼のステータス・評価

基本情報

狂眼の画像
性別名前入手方法
バルクエコー×858、手掛かり×4508

外在特質・形態変化(スキル)

スキル名効果
制御台バルクは制御台の完全な権限を持ち、フィールド上の制御台を自由に操作し、任意の監視装置を操縦することができる。サバイバーは制御台を解読でき、完了すると制御台の一部権限を持ち、より多くのエネルギーを消費してそのエリアの監視装置を操縦することができる。サバイバーが制御台を操作している間、バルクはその範囲内の監視装置を操ることはできず、解読された制御台は一定時間内にエネルギーを回復することができない。
監視装置各制御台の管理エリアに一台の監視装置が存在し、レバーを動かすことでエリア内で監視装置を素早く動かすことができる。監視装置の視野範囲内で装置画面をスライドすると、地表に仕掛け壁が生成される。生成した仕掛け壁の数が増えるにつれ、消費するエネルギーが高くなる。
仕掛け壁仕掛け壁が上がる瞬間、付近のサバイバーに通常攻撃の0.5倍相当のダメージを与え、仕掛け壁が存在している間にサバイバーが乗り越えると壁は沈み、サバイバーは1回の通常攻撃相当のダメージを受ける。サバイバーは仕掛け壁が消えるのを待つこともできる。未解読の暗号機、電源スイッチを入れた脱出ゲート、制御台、地下室やサバイバーを乗せたロケットチェアは、付近の仕掛け壁の消失速度を上げる。
制御端末バルクはコントロール端末で直接監視装置を操作することができるが、より多くのエネルギーを消費する。
オーバークロックスキル解放後、監視装置操作画面内で使用でき、この監視装置の仕掛け壁の設置クールタイムおよびエネルギー消費を大幅に低下させることができる。しかし過負荷状態で使用した後の一定時間、この監視装置はエネルギーを回復しない。

衣装

衣装名説明
院長監禁の芸術は思考を制限することにある! 病院の真の目的はあの限界を超越した「異類」を研究することにほかならない。このお騒がせ屋たちがあいつらを怒らせなければ、まだ間に合う……
附林彼は欠けたものを補充した。しかし、そのものの意味を忘れてしまった。
草刈り石という名の職人は他人の鼻に塗った石灰を、鼻を傷つけることなく斧で削ぎ落とした。彼はこの逸話をあなたの体で嬉しそうに試す。
赭石硬骨漢みたいで、とても堅固だ。
黄銅輝く黄銅色は、精巧な技術を物語っている!
烈火の怒神の鉄槌が振り下ろされ、火花が散り、世界の万物が彼の意思によって作られた。
ボロい服服がボロボロだ。本当にただゲームをしただけ?
初期衣装初期衣装。すべてが自然に見える。

背景推理目標

推理No.基礎目標
1制御台を2回/3回/4回使用
2ゲーム開始後30秒以内に制御台を利用して1人/2人/3人のサバイバーを発見
3制御台を使用して作成した仕掛け壁でサバイバーを3回/4回/5回攻撃
4制御端末を使用して作成した仕掛け壁でサバイバーを3回/4回/5回攻撃
5溜め攻撃でサバイバーに1回/2回命中
6オーバークロック使用後に仕掛け壁を利用してサバイバーを2回/3回/4回攻撃
7ゲート解読中のサバイバーを仕掛け壁で1回/2回攻撃
8暗号機解読中のサバイバーを仕掛け壁で1回/2回/3回攻撃
9サバイバーをロケットチェアに2回/3回/4回拘束する
10全員を脱落させる

評価

※あくまで個人の感想です。

評価ワンポイント
B遠距離攻撃は便利だが、制御端末を使わないと攻撃できず追撃が苦手。サバイバーを拘束したあとに壁で囲むキャンプは強い。