MENU

楽しいだけじゃない!?ほろ苦エピソードも【リゾートウエディング体験記】〜ゲスト編〜

リゾートウェディング体験記
目次

【いとこが招待してくれた、初めてのリゾートウエディング】

広い空の下、青い海と白い砂浜が広がる場所での結婚式は、特別な輝きに満ちていますよね!
夢叶うリゾートウエディングは、数ある結婚式の中で特に憧れを感じている人が多いでしょう。

しかし、家族や友人、同僚に聞いても、リゾートウエディングに参加したことのある人はなかなか見つかりませんでした。
とても魅力的だけど、実際はどんな感じなのでしょうか?

・・・と思っていると、いとこの結婚式でリゾートウエディングに参加する機会がやって来ました!
実際に参加した、沖縄でのリゾートウエディングについて振り返ってみたいと思います。

少し苦しかったエピソードもあるので、どなたかの参考になれば幸いです。

【結婚式の会場は沖縄!ヒヤヒヤの片道4時間】

2年前に私が参加したのは、沖縄でのリゾートウエディングでした。
10月だったので、ちょうど沖縄は過ごしやすい気温の時期で、大変ありがたく、また、とても楽しみでした。

ただ、我が家から沖縄までは電車と飛行機を利用して片道4時間。
小さい子供が2人いて、当時は下の子がまだ1歳になったばかりでした。
楽しみな気持ちと同じくらい、不安も大きいものでした・・・^ ^;

案の定、飛行機で子供が大泣きするなど片道4時間はずっとヒヤヒヤしっぱなしで、ドッと疲れてしまいました。

そこで、リゾートウエディングは、”招待するゲスト”が、不具合無く移動出来る状態かどうかが、とても重要だということに気が付きました。
いとこの場合は、おばあちゃんが高齢で長距離移動に不安があり、不参加でした。
孫の晴れ姿が見れなかった、おばあちゃん・・・。

招待したいゲストに小さい子供が多かったり、高齢の方がいたりする場合は、移動の負担が少ない場所の方が良いとも言えますね。

【新郎新婦が用意してくれたゲストの衣装】

この結婚式では、新郎新婦がゲストの衣装を用意してくれたので、ありがたかったです♪
ゲストの人数が少ない、リゾートウエディングならではのおもてなしですね。

衣装については事前にカタログをもらってサイズなどを見て注文します。
この時は、沖縄らしくみんなでかりゆしを着用しました。
かりゆしとは、アロハシャツのような明るい雰囲気のもので、女性用はワンピースでした。

しかし、実は私にとってはワンピースだと困る事情があったのです。
それは、1歳の子供に授乳しにくいこと!

授乳するには、上半身の服と下半身の服が分かれていないととても不便です。
でも、せっかくみんなで服を合わせることになっているのだから、ワガママは言いたくありません。
楽しい気持ちに水を差すことが憚られたのです・・・。

結局、結婚式当日は小さな個室を借りられたものの、なかなか見苦しい格好で授乳をしていました。
人から見られることはありませんでしたが、「やっぱりワンピースは困るな…」と思ったのが正直なところです。
ワンピース以外の選択肢もあった方が、授乳をする女性には助かりますね。

まだ子どものいない夫婦には、なかなか思いつかない視点なので、リゾートウエディングの担当者さん、会社の方、どうぞ宜しくお願いします。

この記事を読んだ方は、ぜひ一言、「大丈夫かな?」と聞いてあげてくださいね。
心遣いにとても感謝されると思います。

【ほかの結婚式とは思い出が被らない、特別な時間】

リゾートウエディングに参加してみて大きく感じたことは、主役である新郎新婦はもちろん、ゲストも準備が非常に大変だということ!!

沖縄で2泊、旅行用と結婚式用の衣服や小物を合わせると大荷物です。
しかも子どもが小さいと着替えやオムツなど、普通に外出する時でさえ多いのに、遠方2泊はすごい量です・・・。
「結婚式に参加して旅行も出来て一石二鳥!」とあっけらかんと言えるほど、簡単ではなかったのも事実でした。

とはいえ、やはり海に囲まれた特別な空間の美しさには圧倒されます。
どの写真もまるで映画のワンシーンかと思うほど素敵でした!
それに、これまでに参加したほかの結婚式とは記憶が重なることはありません。
オリジナルであることの魅力にも価値を感じました。

ですので、リゾートウエディングをしたい♪と考えているカップルは是非、チャレンジして欲しいです。
心を込めて準備をしたら、自分たちもゲストも大満足のウエディングに絶対なりますよ☆

体力的にも経済的にもエネルギーを要するイベントでしたが、輝きに満ちた空間にいられてとても幸せでした。
参列者に祝福され、いとこもとても幸せそうでした♪

リゾートウエディングの招待が毎年あったら大変ですが、3年に1度くらいの頻度なら是非また参加したいです!

まとめ

リゾートウエディング、一度は憧れますよね!
夢を叶えるためにぜひ頑張って欲しいものです。

ゲストとして参加して、楽しく素敵な時間を過ごせて、良い思い出になった反面、大変なこともあったので、ぜひ知っていて欲しいな、と思い、記事にしました。
参考になりましたら幸いです^ ^

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる